疑義解釈(その1) 重症度、医療・看護必要度 問30 

問30 一般病棟用の重症度、医療・看護必要度Ⅱを用いてA項目の評価を行う場合、「A3 点滴ライン同時3本以上の管理」と「A6 輸血や血液製剤の管理」で共通するレセプト電算処理システム用コードが入力されている場合、それぞれの項目で評価の対象としてよいか。


(答)よい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。