疑義解釈(その1) ハイリスク妊産婦連携指導料 問136 

問136 患者が妊婦健康診査で受診した日であっても、ハイリスク妊産婦連携指導料1の算定要件となっている診療を行った場合は、当該指導料の算定が可能という理解でよいか。


(答)そのとおり。ただし、この場合、初診料、再診料又は外来診療料は算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。