[留意]K910-2 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術

[留意]K910-2 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術


K910-2 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術

内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術は双胎間輸血症候群と診断された患者に対し、双胎間輸血症候群の十分な経験を有する医師の下で行われた場合に算定する。(1) 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術は双胎間輸血症候群と診断された患者に対し、双胎間輸血症候群の十分な経験を有する医師の下で行われた場合に算定する。

(2) 無心体双胎に対するラジオ波焼灼術を行った場合には、本区分の所定点数を準用して算定する。

(3) 無心体双胎に対するラジオ波焼灼術は、無心体双胎に対する十分な経験を有する医師の下で行われた場合に算定する。

(4) 無心体双胎に対する治療は、関連学会の適正使用指針に従って使用した場合に算定できる。


点数告示

K910-2 内視鏡的胎盤吻合血管レーザー焼灼術